福岡の歴史。三池炭鉱【明治日本の産業革命遺産】

三池炭鉱は国内で2番目に近代化を果たした炭鉱です。
西洋技術を導入し、大きく発展を遂げた炭鉱には数々の産炭施設や物流システムがあり、それらは今でも残されているのです。

炭鉱と港をつなぐ「専用鉄道敷跡」

官営のころ三池鉱山局によって大浦坑と大牟田川河口に鉄道馬車を敷いたことから始まった専用鉄道です。
始めのころは三池炭鉱で産出する石炭や、炭鉱で使用する資材の運搬に使われていましたが、後に工場の製品・原材料を輸送するために使われるようになりました。

炭鉱が三井に払い下げられた後はさらに延伸し、最終的には三池港までつながりました。
そして1909(明治42)年には電化工事に着手、1923(大正12)年には全線電化が完了たのです。

最盛期には総延長150kmにもおよび、一時期は物資だけでなく通勤者を運ぶ客車の運行も行っていたそうです。
現在は、化学工場の原材料を工場とJR鹿児島本線間で運搬するのみ。
廃止区間のレールはすでに撤去されていますが、枕木や橋梁・橋台、切土や盛土は現存しており、運行当時の面影を今に伝えています。

現在まで続く大港湾「三池港」

有明海に面した大牟田。しかし、有明海は干満の差が激しく大型船の来航が難しい場所でした。
そのため三池炭を搬出するには小船で対岸の口之津や長崎まで運ばれ、そこで大型船に積み替えられるという非効率な方法でした。

この問題を解決するため築港されたのが三池港です。
これにより1万トン級の大型の船舶の荷役が可能となり、さらには炭鉱専用鉄道と一体となったことにより採炭から運搬、そして搬出までが一貫してできるようになったのです。

築港時のハミングバードの形状と船渠部分には当時の閘門、スルースゲート他が残っており、今でも現役の産業港として活躍しています。

三池炭鉱自体は閉山してしまいましたが、そこから派生した物流インフラの一部は今でも稼働中です。
約100年前に作られた設備が今に続くなんて、とても壮大なことですね。

リンク: https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E4%BA%95%E4%B8%89%E6%B1%A0%E7%82%AD%E9%89%B1